個人年金保険の選び方は、自分のラフスタイルや老後の生活形態を考慮してを検討する

各保険会社が様々な個人年金保険の商品プランを販売していますので、自分のラフスタイルや老後の生活形態を考慮して個人年金保険の選び方を検討することが望ましいと思われます。

ライフスタイルから個人年金保険を考えた場合、加入時の年齢によって商品のタイプが違い若い時に加入しての一時払いは難しいと思われ、高齢時の加入には一時払いが望ましいと思われます。

個人年金保険は契約が可能な年齢範囲であれば何歳で加入しても良いのですが20代、30代のうちから準備・加入することで受け取れる年金額を増額することができ、月払いの場合は保険料の払い込み期間が年金額に反映されるので少しでも若いうちから準備・加入が有利になります。

個人年金は若い時から少しずつ積み立てていくことを思い浮かべている人が多いと思われますが子育てが終わり老後の計画を考え始める50代から保険に加入する人も増えています。

このように50代の人が個人年金保険に加入するケースが多いのですが20代、30代の人たちの場合の受け取りは月払いが一般的のようです。

50代からの個人年金保険は保険料の払い込み期間が多くて10年~15年しかありませんので月払いの年金保険だと月々の保険料が高額になってしまいますので契約時に一括で支払う一時払いで考えて積み立て利率を上げたほうが得かもしれません。

50代で一時払い個人年金保険に加入するメリットとしては貰える公的年金の見込み額がわかるから計画、準備がしやすく月払いよりも戻ってくる率が高くなります。

また、運用する期間が短いのでインフレ時のリスクを回避できます。

50歳以上の人は日本年金機構が発行する、ねんきん定期便や年金事務所、年金相談センターで出来る年金見込み額の試算で受け取れる公的年金の見込み額を確認し把握することが可能になります。